PS4「Neon Chrome」のレビュー

Neon Chrome

Neon Chrome
アメリカのPS PlusでフリープレイになっていたNeon Chrome(ネオンクローム)というゲームをやってみました。見下ろし型で、2つのスティックを使う「twin stick shooter」物です。エイリアンネーションとかヘルダイバーズなんかに近いです。Neon Chromeというarcology(人間が生活できる都市のような建物)を上に登っていき、Overseer(Neon Chromeと神経がつながっていて全てをコントロールしている者)を倒すという昔あった「ドルアーガの塔」みたいな感じです。PS4以外にもsteam、XBOX ONE、iOS、PS VITAでも遊べます。

PS4のNeon Chromeの操作方法は

Lスティック 移動
Rスティック 銃口の方向
R3 近接攻撃
X 決定/拾う/スイッチを押すなど
□ リロード
R2 射撃
L2 スキル(誘導ミサイルなど)

という感じです。
Asset

最初にやってみて思ったのは、敵キャラクターが小さすぎて難しいです。敵が小さいので弾が当たりづらい。だから、最初のうちは武器はショットガンを選択するのが良いと思いました。ゲーム開始時に「Asset」という物を選択します。これは、兵科みたいなもので、ハッカーとかアサシンとかがあって、それぞれ一長一短あります。僕の場合は移動スピードが10%増えるハッカーが使いやすかったです。

アップグレード
能力のアップグレードはお金でできる。

あと、どこを通れるのか画面が暗くて分かりづらいです。死にながらやっていれば分かってくるんですけど、メインウェポンは弾数無限で、画面上の物はスキルのミサイルで壊せたりします。そして、やるたびに一面の敵と部屋の配置が違うな~と思ったら、毎回ランダムに生成されているんですね。

たまに黄色いカギと赤いカギが必要な扉が存在するので、そのカギを持っている敵を倒しに行く必要があります。死んだらまた1面からスタートするので、昔のファミコンのゲームみたいに一気に全クリしなければいけないのか?と思ったのですが、5面で一区切りになっているようで、5面をクリアすると次回は5面からスタートすることができるようになります。

建物の内部を進むことになるので、エイリアンネーションに比べると動きづらくて難しいと思いました。その分、敵が大量に出てくるということはあまり無く、ドアの前で待ち伏せすると倒しやすいというメリットはあります。一応、ステルス要素もあって、敵の後ろから近づいて近接攻撃で倒すことも可能です。

ゲーム内で手に入るお金を貯めると、体力や攻撃力などをアップグレードしていくことができます。あと、スロットに近接攻撃力アップとか、体力アップなどのパッシブスキルを積めます。5階のボスが出てくると、急に弾幕系シューティングゲームみたいな状態になって焦りました。

co-opもできますが、オンラインではなくローカルだけみたいです。iOSアプリで購入もできますが1200円となっています。PS4版で1時間くらいしか遊んでいませんが、そこそこの暇つぶしにはなると思います。僕はエイリアンネーション(alienation)の方がハマりました。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大